忍者ブログ
兜町(茅場町駅)を中心として、東京メトロ沿線の雰囲気を写真とともに現地からお届け。経済指数では分からない視覚的情報も発信しています。       経済について思うことや地域の隠れた穴場のお店等も合わせて紹介しています。
[86] [85] [84] [83] [82] [80] [79] [77]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

王子製紙 製紙業界2大勢力の一角。製紙業界最大手
    (携帯業界に置き換えればドコモ)

日本製紙 製紙業界2大勢力の一角。業界2位
    (携帯業界に置き換えればKDDI)

北越製紙 製紙業界第3勢力を狙う中堅製紙企業
    (携帯業界に置き換えればボーダフォン)


今日は、この3つの企業が日本で織り成す物語です。


むかしむかし「大王子村」がありました。

その村はお殿様の命令で分散されてしまいましたが

離れ離れになった村人たちが再度集まり、

結局「王子村」と「日本村」になったそうな。

しばらくは平穏な日々が続いていましたが、

またまた、お殿様が

「いろんな村を外国人が訪れやすくしよう」と言いました。

そんな「訪れ易いの令」に乗じて、海の向こう側から

村を占領しようと企む「ぐろーばる」がやってくるとの噂で

村長達は大騒ぎ。


王子村の村長(おうじ):

このままでは「ぐろーばる」に占領されてしまう、なんとかせねば。

そうだ!確か「北越村」という最近、勢いの良い村があったな、

そこを王子村に取り込めば「ぐろーばる」に対抗できるかもしれない。


日本村の村長(にほん):

ん!「王子村」の様子がおかしいな?何か始める気か?


北越村の村長(きた):

自分の村を大きくするぞー!今日も仕事がんばろー。


    ある日


きた :これは「王子村」のおうじさん。どーかなさいました?

おうじ:あなたの村を、うちの村と一緒にしたいのだが、どーかね?
    それにあなたの持っている新潟の農場はとても魅力的だ!!
    ウチと一緒になって「ぐろーばる」に対抗しようじゃないか!

きた :いや、一緒にならなくても協力すればいいのではないでしょうか?

おうじ:それでは、いざという時に心配だ!共に生き残る為にも「運命共同体」になろう。
    ただとは言わない、農具1個につき800両でどうだ?
    快諾してくれれば860両でも良いぞ。

きた :いえ、お断りいたします。

    そこで登場

にほん:ちょっと、おうじさん一人で生き残ろうなんて考えはよくありませんよ。

きた :そうです。私達の農具を奪うつもりなら、「三菱村」に移動させます。

おうじ:むむ!そっちがその気なら800両で無理やり「北越村」の
    農家をあたって農具を奪ってやる!

にほん:わたしの村はすでに「北越村」の農具、買い取ってるもんね~

おうじ:卑怯だぞ!!






さてさて今後の村の存亡を掛けた駆け引きはどーなるのでしょうか?

海の向こう側では、ひっそりと時が来るのを待っているグローバル村の村長も

気になります。

こんなやりとりの事を行者達は「てぃーおーびー」と名づけたそうな。

続きは各新聞でお確かめください。



SPONSOR by
未来の株価を今、手に入れる
キャピタルゲイン経済総合研究所です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ぐろーばるに対抗するには~日本の中でごちゃごちゃしてるのは得策じゃないと思いますけどね(>_<)

てか日本の独禁法も解釈が近年のグローバル化によってほんとに難しくなったと思います。

国内での寡占を認めるべきか認めないべきか・・・もうちょっと日本企業に海外投資のノウハウがあればと思うのですが。。

でも王子が北越を高い買い物してそんなにメリットあるんですかねぇ。とりあえずティッシュが高くなるのは困るぞ(笑)
らいす 2006/08/08(Tue)00:47:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
規制緩和が大きな格差社会を産んだ
これだけ大きな年収格差を生んだ政府が作った 規制緩和、 その大罪は 今、 どれだけの政策を作れば 挽回出来るか、  正社員の年収7~800万円 パート派遣社員の平均年収300万円 4~500万円の 給料にして30万円以上の差です、   (北海道の地域では 700万円を
URL 2006/09/10(Sun)07:54:08
忍者ブログ [PR]